PFC判定基準

2015-08-10
Share on Facebook

2015年度PFC判定基準

PFCの判定はラウンドマストシステムで行ないます。
※現在、判定はタイトルマッチのみ採用としております。
※ジャッジはレフリーを除く3人か、レフリーを入れた3人で行ないます。

-判定基準優先順位-

①相手に与えたダメージ
②ギブアップ、KOに繋がるアドバンテージ
③攻防の主導権
④アグレッシブ、積極性
⑤印象

ラウンド毎に優勢を必ず付ける。
上記基準優先順位を基にそのラウンド毎優勢とみなした方に10点、劣勢とみなした方に-1点 10-9

また、ダウンや限りなくフィニッシュに近づいたら、もしくは反則などの減点をした場合は
-2点 10-8となる。

ラウンド毎3人のジャッジのジャッジペーパーを集計してラウンド毎優劣を必ず付ける。


それを最終的に集計
<例1>
1R 赤10-9青 赤10-9青 赤10-9青 = 3-0 赤

2R 赤9-10青 赤10-9青 赤9-10青 = 1-2 青

3R 赤10-9青 赤10-9青 赤10-9青 = 3-0 赤

ここまでは2-1で赤が優勢となる。

4R 赤9-10青 赤9-10青 赤9-10青 = 0-3 青

5R 赤8-10青 赤9-10青 赤8-10青 = 0-3 青

判定 上記の例の場合5R中合計で赤が前半2Rとっておりますが、後半青が2Rとったので青の優勢合計が3Rとなり、よって上記の例の場合赤2-3青で勝者が(青)となります。

<例2>
1R 赤10-9青 赤10-8青 赤9-10青 = 2-1 赤 

2R 赤10-9青 赤9-10青 赤10-9青 = 2-1 赤

3R 赤10-9青 赤10-9青 赤10-9青 = 3-0 赤

ここまでは3-0で赤が優勢となる。

4R 赤9-10青 赤9-10青 赤9-10青 = 0-3 青

5R 赤8-10青 赤8-10青 赤8-10青 = 0-3 青

判定 赤3-2青 で赤の勝ち 前半赤が3-0でリード、後半青が善戦してダウンを奪ったりあと一歩まで追い込むもタイムアップ、後半戦2Rとるも合計値で1R足りず、青の判定負け、赤の判定勝ちとなる。

<例3>

1R 赤9-10青 赤9-10青 赤9-10青 = 0-3 青

2R 赤9-10青 赤9-10青 赤9-10青 = 0-3 青

3R 赤10-9青 赤10-9青 赤9-10青 = 2-1 赤

ここまでは1-2で青が優勢となる。

4R 赤10-9青 赤9-10青 赤10-9青 = 2-1 赤

ここまで2-2でイーブン、次の最終ラウンドが山場になる。

5R 赤9-10青 赤10-9青 赤9-10青 = 1-2 青

判定 赤2-3青 4Rまで互いに2Rつづとっていたので、勝敗は最終ラウンドへ、最終ラウンドが青がとったので2-3で青の勝利となる。

 

2015年8月15日制定~

 札幌 キックボクシング 総合格闘技 ムエタイ レスリング 柔道 柔術 サンボ 古武術 少林寺拳法 合気道 グラップリング その他 ありとあらゆる格闘技の団体、派閥問わずの格闘技の祭典がPFCMMAである。   
Copyright© 2013 PFC MMA!! 札幌発、北海道発の本格的な総合格闘技イベント☆ All Rights Reserved.
札幌 キックボクシング ムエタイ レスリング グラップリング を習うならパワーオブドリームジムへ
Return to Top ▲Return to Top ▲